中国割烹

中国割烹のお店に行って来ました。顔なじみの料理長がいたもので。

まー、何しろ美味しかった!

 

和の要素もある中華というか、きっと中華といっても、いつもの炒め物だけではないんでしょうね。

 

f:id:MKT2728:20170727161724j:plain

枝豆のすり流しから始まり…

 

f:id:MKT2728:20170727161736j:plain

すっぽんのスープ

 

f:id:MKT2728:20170727161748j:plain

これが一番好き!だった。

生の岩牡蠣をマーラーのタレにつけたもの。

 

f:id:MKT2728:20170727161758j:plain

なんか盛り合わせ。

 

f:id:MKT2728:20170727161810j:plain

土用の丑の日前だったのでうなぎを用意してもらったのでした。うなぎを持ってるのは、知り合いのシェフではなく、この会社の社長!

 

f:id:MKT2728:20170727161821j:plain

デザートはこんな感じ。桃のグラニテと小豆入りおやきと中国茶ゼリー。ゼリーは全然甘くなく、おやきと一緒に食べます。

 

これ以外にもたくさん出て、大満足な食事でした。

また行きたいなぁ…。

 

この店は、西麻布にある「劉尾虎の尾」というお店。シェフが季節ごとに変わるそう。そういうコンセプトも面白いなぁと。また行こうっと。

憧れのクラウン、美味しかった

ごはんをごちそうしてもらえることになって(いろいろあって)、大手町にあるパレスホテルのフレンチ、crownに行ってきました。

ピアノショコラという、ピアノ型のデザート目当てだったのですが、それ以外も本当においしかった。幸せ。やっぱりフレンチは美食の殿堂だあ、と思ったのでした。

 

頼んだコースは16500円で、ワインも、お手頃なものはグラスで1300円からあって、それほど高くついたということもなかったです。まあでもいい値段ですね。お客さんもお金持ってそうな人ばかりでした。

 

フレンチ、久しく食べていなかったけどやっぱりいい。今度はかの鉄人がオーナーのラ・ロシェルに行く予定なのですが、その次はカンテサンスに行きたいなあ。

 

f:id:MKT2728:20170724111431j:image

 

 

f:id:MKT2728:20170724111448j:image

アミューズ1品目、枝豆をつかったフィナンシェとクッキー、枝豆の殻っぽいものは食べられません!笑  おしゃれすぎる。

 

f:id:MKT2728:20170724111507j:image

パプリカを使ったカプリチョーザ風と、えびのなんちゃら。

f:id:MKT2728:20170724111556j:image

キャビアと卵、ポテトのムースリーヌ。

超!高級ポテトサラダみたいな味わい。とてもおいしかった。

 

f:id:MKT2728:20170724111716j:image

ほたてってやっぱりおいしい。

 

f:id:MKT2728:20170724150734j:image

 

カリカリに焼いた鯛のうろこ焼き。濃い目のコンソメで

 

f:id:MKT2728:20170724150750j:image

赤身なのに柔らかな牛肉

 

f:id:MKT2728:20170724150808j:image

 

ピアノショコラ!可愛すぎる。

 

また行きたいなあー。ピアノやっている彼女とかと行くのもいいですね!サービスマンも皆さんとてもやさしくてすごくよかったです。

 

はーフレンチいいなあ。フレンチ熱。

「結婚の損得」を読んで思ったこと

kasasora.hatenablog.com

昨日読んだ文章が、わたしの話のようで少し驚いてしまった。

 

もちろん、うちにいるのは15歳の娘ではなく12歳の双子男児だし、24歳ではなく25歳での出産だし、なにより出産前に私はアルバイトみたいな仕事だったので当然仕事は失ったところも違うけれど、出産や結婚に関するスタンスはだいたい同じ、という印象を受けたのだった。

 

私もそのときたまたま付き合っていた男性と、うっかり避妊をせずそういうことをしたら妊娠した。私は全然美人ではなくて、顔で得したことも、大きく損したこともない程度の外見をしているのだけど、それでも若いころはつきあう男性に困ることもなくて、24歳のその時付き合っていた人は人生で5人目の彼氏だった。そこまでの人生、ふわっとした避妊はしていたけど、まあだいたい、というくらいで、盛り上がればつけなくていーや、と思ってしまうこともあって(生で、と強要されたことはまったくないし、子供ができれば結婚してくれそうな男性ばかりだった、いや分からないけど)それでも失敗したことはないので、私はまあ大丈夫なんじゃないかな、とたかをくくっていたし、万が一妊娠しても産んでもいい、とも思っていた。そして、大丈夫なんかではなく、そのときはたまたま妊娠して双子を授かり、出産した。相手も結婚いいね、子供がいるのもいいね、双子はスペシャル感あってなお良し、というくらいで、喜んでくれたような気がする。給料は正直よくない相手だったので、その点は少し心配だったど、ま、大丈夫だろう、とりあえず結婚したほうが風当たりも強くなさそうだし、まずいことがあったら離婚しちゃおう。親も、そのときは私と孫の面倒を見るくらいはしてくれるだろう、くらいの見切り発車だった。

 

双子を育て始めて、これはやばい、と気が付いた。ある時(お風呂とか食事とか寝かし付けとか)は大変すぎるし、全体的には(主に頭が)暇すぎる。若いのだから働こう、暇さと大変さが緩和されるはずだ、と思って仕事を探したら、運よく保育園も決まり、近所の和食屋でアルバイトしつつ、保育園で子供を預かってもらえることになった。でも和食屋ではあまり稼げないうえに結構大変なことは早々に分かったので、他の仕事をしよう、と思った。近所で開催されていた「女性のための再就職フェア」という催しに行って、ヤクルト配達と介護職と生命保険販売員で悩んで、なんとなく生命保険販売員として働くことにした。給与が18万(額面)+歩合くらい。これは最初の半年の給料で、その後は契約が取れなければ基本給がどんどん下がっていく、さいごには解雇になるシステム。まあ保険は大変だったし、契約も取れないので、焦りつつも会社をまわるふりして喫茶店で時間をつぶしたりしていた。ただ、それまでやったことのなかった社会人のマナー的なことを教えてもらえたこと、保険の知識が多少ついたのはとてもよかった。契約が取れなすぎてこれじゃさすがにまずい、何か仕事探さないとなあ、と思っていたところに、きょうだいが起業して、電話番とお茶出しでよければやる?給料はあまりだせないけど、と声をかけてもらった。「やるやる!」と二つ返事をして保険会社をやめ、ベンチャー企業のアルバイトになった。きょうだいの会社は規模はさほど大きくならないものの、順調に続いていて、仕事もお茶出しから、経理や総務、人事含むざっくりとした雑用係に昇格していって、給料も思っていた以上に、和食屋のころと比べるとちょっとおどろいてしまうほど、もらえるようになった。

 

明確なビジョンはなかったけど、働くのは好きなんだなと思ったし、その時々で勉強も続けたので、今は経理も法務もある程度自信がついた。採用は長くやってても難しいなと思う。できれば今後は労務を極めていきたくて、今は社労士試験の勉強をしている。(でも仕事と家事と子供の世話に思った以上に時間を取られてなかなか進まない。)

いずれは仕事でやりたいこともあるし、ボランティアなどもやっていきたい。

 

子供は、生活がちょっとゲームや動画鑑賞によりすぎてるのが心配だけど、私の子供のころよりはずっと勉強もしているし、ピアノの練習もしている。スイミングは嫌いみたいだけどなんとか4泳法泳げるようになりそうだ。そして「ママかわいい、大好き」と毎日言ってくれる。私そんなこと言ったことない。男の子って優しいな、と思う。でも私の外見が「かわいい」ということはなくて、「普通」だということはちゃんと言わなければいけないと思ってはいる。

 

夫も相変わらず給料はいまいちだけど、ずっと優しいし、今でも大好きだと言ってくれる。ありがたいことだなあ、と思う。労働時間が長いので家事はあまりやってもらえないけど、排水溝掃除とか、車の運転とかの私のできないことはしてくれるのでそれでじゅうぶんだ。

 

幸せだなあ、と思う。誰かにそう言っても誰にもメリットなさそうだから自分の子供にしか言わないけど、本当に幸せだ。結婚して子供を産んで、私にはいいことしかなかった。ここ数年は、ずっと今が続けばいいのに、と思いながら暮らしている。でも本当に何も考えてなかったし、たまたま運がよかっただけだ。そういうこともあるんだなあ、と思う。

 

書いてみたらあまり似ていないかなあ。でもわたしの話のような気がしたのだ。そういう文章を書けるのってすごいと思う。